メンズ脱毛

どうやってレーザーで脱毛しているのか

最近は男性でも脱毛を考えている方は多いのではないでしょうか。しかし今まで脱毛とは無縁の生活であったことからも、脱毛に関して知識不足で心配な面があると思います。

 

そこで現在主流のレーザー脱毛の仕組みについてご紹介します。

 

どうやってレーザーで脱毛しているのか

 

基本的な仕組みは「焼く」

レーザー脱毛といっても根本的な仕組みは「焼く」ことです。レーザーは波長の長さによって特定の色に反応する性質を持つため、それを利用して特定の部分のみにレーザーを照射します。

 

照射によって毛に熱が加わり、熱によって毛を作る毛母細胞の破壊を行うのです。このレーザーは赤外線であるため皮膚癌の心配もなく、表皮や周辺の細胞を傷つけることもありません。

 

そもそも医療レーザーは医師のみが扱うことのできる「医療器具」であり、レーザー脱毛は「医療行為」です。つまり医療機関でしか施術を受けられないため安全性も非常に高くなっています。

 

レーザー脱毛の注意点

レーザー脱毛がいくら安全だからといっても、トラブルが全くないわけではありません。人によっては若干の痛みを感じる場合もありますし、稀にレーザーアレルギーの方もいます。

 

重要なのは信頼できるクリニックで施術を受けることです。繰り返すようですがレーザー脱毛は「医師」が行う「医療行為」です。エステなどでは受けられませんので注意してください。

 

以上がレーザー脱毛の仕組みです。痛みも少なく安全性も高いので、ぜひ東京メンズ脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。ひげを剃ると青くなってしまい、気になる人は多いでしょう。

 

青くならないように深剃りをしても限界があり、どうにもならなくて諦めていませんか?青ひげになるのはひげの濃さと顔の皮膚に原因があるのです。ひげ剃りの無駄を感じる人は多いのではないでしょうか?

 

レーザー脱毛の注意点

 

ひげが透ける

なんとなく気付いている人もいるかもしれませんが、皮膚の下に若干残っているひげが透けて青く見えるためです。もちろんひげの濃さも関係していて、ひげが太く濃い人ほど青く見え、顔の皮膚が白い人ほど青くなりやすいのです。

 

つまりシェービングでは青ひげを改善するのは不可能ということです。

 

改善方法

青ひげ対策として有効な方法がいくつかあるのでご紹介します。まず隠す方法ですが、日焼けをするのとコンシーラで隠す2種類があります。日焼けは肌を傷めるため、あまりオススメできませんが隠すことはできます。

 

コンシーラは男性にはあまり馴染みのない単語ですが、部分用のファンデーションのことでこれを塗ることで隠せます。隠す意外の選択肢ですが、こちらも2種類あります。根本的な解決になる脱毛と抑毛ローションによるひげの抑制です。

 

抑毛ローションは脱毛クリームと違い低刺激でひげ用のものも発売されているので、時間が掛かってもいいのであれば試す価値はあります。脱毛は家庭用脱毛器や毛抜きを使うことになりますが、あまりオススメできません。

 

脱毛は肌に負担を掛けますし、アフターケア等の手間も必要となります。

 

オススメは脱毛サロン

一番のオススメはメンズ脱毛専門のサロンで脱毛することです。施術は医師が行いますし、レーザー脱毛なので痛みも少ないです。他の選択肢にくらべ値段が高めですが、もっとも確実で安全な方法でしょう。

 

ぜひ試してみてください。